今後、東南アジアを含む国々で、宇宙開発への参画が活発化することが予想されます。
それらの国々では、キャパシティ・ビルディングへの要望が強いことから、宇宙開発の概要を学べる教材を整備しました。
日本の技術力のアピールや、フロントエンド・バックエンドの付加価値提供等にご利用いただけます。

宇宙新興国向け人材育成教材

概要

総時間数:28科目、39時間
使用言語:英語

対象者

宇宙開発に携わる予定の技術者
宇宙機関の運営などに携わる予定の政府関係者

教材リスト

宇宙技術の開発に関する内容

  • 宇宙開発概論(その1)(その2)
  • プロジェクトマネージメント手法
  • システムズエンジニアリング
  • 管理プログラム概論(その1)(その2)
  • 人工衛星概論
  • 人工衛星運用概論(その1)(その2)
  • 人工衛星試験概論(その1)(その2)
  • 試験標準(その1)(その2)(その3)
  • リモートセンシング概論
  • センサ及びアプリケーション概論(その1)(その2)(その3)
  • 衛星通信及び衛星測位概論
  • 受信管制局の運用(その1)(その2)
  • 周波数
  • 電気設計標準
  • 機械設計標準
  • 熱設計標準
  • 耐環境性設計
  • 電磁適合性設計

宇宙技術の利用に関する内容

  • 小型衛星の活用
  • 宇宙デブリ
  • 衛星ナビゲーション
  • 宇宙技術を活用した防災対応
  • 宇宙技術を活用した社会応用

宇宙機関の運営に関する内容

  • 世界の宇宙政策(その1)(その2)
  • 国連宇宙条約と諸外国の宇宙関連法
  • 日本の宇宙開発(その1)(その2)
  • 日本の宇宙開発機関の運営
  • 宇宙教育

利用方法

教材を直接利用する場合

こちらからご連絡ください。

教材の実施許諾を受けた事業者に講義を依頼する場合

実施許諾を受けた事業者に直接ご連絡ください。

教材の実施許諾を受けている事業者

2017年9月現在
日本宇宙フォーラム