リモートセンシングデータカタログ

リモートセンシングデータ活用を検討中の方を対象に、どのようなデータが利用可能かわかりやすく整理しました。

リモートセンシングデータカタログ

【参考資料】リモートセンシングデータを使うと便利なこと

参考資料では、観測の「目的・対象」を縦軸、「ユーザーが得るメリット」を横軸として想定される利用ケース・事例を紹介しています。

JAXAが提供する衛星データ利用事例 http://www.sapc.jaxa.jp/ (JAXA衛星利用推進サイト)

小さなカラダに大きな夢をのせて。
JAXAが超小型衛星を宇宙へ。

宇宙開発にチャレンジする上で、実際の宇宙空間での実証・検証は欠かせません。
JAXAでは、宇宙開発利用の裾野の拡大を目的として、
国際宇宙ステーション「きぼう」からの超小型衛星の放出機会、
イプシロンロケットの打ち上げ機会及びH-IIAロケットの余剰能力 を活かして、
民間企業や大学等の開発する革新的衛星技術の実証、
および超小型衛星の“相乗り”で打ち上げ、「きぼう」からの放出の公募施策を展開しています。

概要

「相乗り超小型衛星」は、衛星打ち上げ時のH-IIAロケットの余剰能力を利用して、民間企業や大学が開発した超小型衛星が相乗りできる制度です。H-IIA15号機(平成21年)に6基が相乗りして以来、これまでに28基の超小型衛星が相乗りしました。
宇宙のリアルな環境のもとでの実験・検証は、宇宙機器の実証における代えがたい資料になりますが、打ち上げは容易にできるわけではありません。JAXAはその機会を広く開放し、みなさんのビジネスの後押しをしています。

また、平成27年度より新たに、超小型の人工衛星を活用した基幹的部品や新規要素技術の軌道上実証を適時かつ安価に実施できるよう、革新的衛星技術の実証機会を設け、より多くの機会提供に取り組んでおります。

現在募集しているのは、下記です。

01.革新的衛星技術実証プログラム

・募集案内

02.H-IIA相乗り

・無償の仕組み(無償による超小型衛星の打ち上げ機会提供)
・有償の仕組み(有償による超小型衛星の打ち上げ機会提供)

03.国際宇宙ステーション「きぼう」放出

・有償の仕組み(有償による超小型衛星の放出機会提供)

革新的衛星技術実証プログラム

JAXAは「革新的衛星技術実証プログラム」の実証テーマ提案を通年公募しております。

本プログラムは、宇宙基本計画上の「宇宙システムの基幹的部品等の安定供給に向けた環境整備」の一環として、超小型衛星を活用した基幹的部品や新規要素技術の軌道上実証を適時かつ安価に実施するもので、以下を目的としています。

[A]
衛星のキー技術の宇宙実証により、宇宙分野を支える技術基盤・産業基盤の持続的な維持・発展、衛星産業の国際競争力の獲得・強化に繋げる。

[B]
新規の民間企業等参入のため、定期的な相乗り打ち上げ機会の確保によりハードルを下げることで、宇宙利用拡大を促進する。これにより新規参入する民間企業等との相互利用・連携が進み、新たなイノベーション創出にも繋がる。

[C]
チャレンジングかつハイリスクな衛星技術/ミッションの開発・実証できる機会を確保することで、宇宙産業のベンチャービジネス促進や宇宙分野におけるより優秀な人材の育成を図る。

また、JAXAは、このプログラムを通じて以下の実現を目指します。
1. 国や産業界の課題に対応しつつ、将来を先読みして、新たな利用を拓くミッションや産業競争力のあるシステム/サブシステムの創出に繋がる技術やアイデアの実証を行う。
2. リスクは高いが、日本の宇宙技術の発展と宇宙産業の国際競争力の確保に高い成果の期待される「革新的」な技術を優先的に取り上げ、実証を行う。

01.募集する実証テーマ

・部品(電子部品、機械部品など)
・コンポーネント(機器)
・小型衛星システム(超小型衛星【100kg程度まで】・Cubesat【3Uまで】)


02.公募内容

革新的衛星技術実証プログラムで軌道上での実証を希望する実証テーマ
詳細は「4.募集要項」をご覧ください。


03.公募期間

通年公募


04.募集要項

応募条件等の詳細については、以下の募集要項をご覧ください。
応募のあった実証テーマについては、JAXAの事前審査を経て、実証テーマ候補リストに登録させていただきます。(一度候補リストに登録された実証テーマを提案者の許可なく削除することはございません。)

実証テーマ提案書


05.公募に関する問い合わせ先

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-2-1
新御茶ノ水アーバントリニティビル
一般財団法人 日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部
「革新的衛星及び超小型衛星公募担当窓口」担当
E-mail:kogata-eisei@jsforum.or.jp
注:上記「@」は半角文字に変換後、メール送信願います。

応募書類の提出及びお問い合わせは、以下の宛先へ電子メールでお願いいたします。
お問い合わせの際には、事前に募集案内をよくお読みになってからお願いいたします。回答までお時間がかかる場合もございますが、何卒ご了承ください。

※本業務は(国研)宇宙航空研究開発機構(JAXA)からの委託によって(財)日本宇宙フォーラム(JSF)が支援しています。

H-IIA相乗り(無償の仕組み)

H-IIA相乗りによる超小型衛星の打ち上げ機会提供

JAXAは、我が国の宇宙開発利用を広げるとともに、超小型衛星を利用した教育・人材育成への貢献を目的として、民間企業、大学等が製作する超小型衛星を無償にて打ち上げる機会を提供しています(無償の仕組み)。

JAXAでは、無償の仕組みにてH-IIAロケットに相乗りを希望する超小型衛星の通年公募を実施しています。

01.募集する打ち上げ機会

募集する相乗り機会は、相乗り機会があるごとに、応募に係る詳細を本ホームページでご案内いたします。


02.募集要項

こちらからダウンロードして御覧下さい(相乗り機会ごとに更新します)。


03.公募に関する問い合わせ先

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-2-1
新御茶ノ水アーバントリニティビル
一般財団法人 日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部
「革新的衛星及び超小型衛星公募担当窓口」担当
E-mail:kogata-eisei@jsforum.or.jp
注:上記「@」は半角文字に変換後、メール送信願います。

応募書類の提出及びお問い合わせは、以下の宛先へ電子メールでお願いいたします。
お問い合わせの際には、事前に募集案内をよくお読みになってからお願いいたします。回答までお時間がかかる場合もございますが、何卒ご了承ください。

※本業務は(国研)宇宙航空研究開発機構(JAXA)からの委託によって(財)日本宇宙フォーラム(JSF)が支援しています。



H-IIA相乗り(有償の仕組み)

H-IIA相乗りによる超小型衛星の打ち上げ機会提供

JAXAでは、民間企業が営利目的等に利用するなど、超小型衛星による新しいビジネスの創出に向け、産業化を見据えて国内需要を顕在化させることを目的として、従来の無償による打ち上げ機会提供事業に加え、有償による超小型衛星の打ち上げ機会提供事業「有償の仕組み」を試行的に実施いたします。

01.募集する打ち上げ機会

募集する相乗り機会は、相乗り機会があるごとに、応募に係る詳細を本ホームページでご案内いたします。


02.募集要項

こちらからダウンロードして御覧下さい(相乗り機会ごとに更新します)。


03.公募に関する問い合わせ先

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-2-1
新御茶ノ水アーバントリニティビル
一般財団法人 日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部
「革新的衛星及び超小型衛星公募担当窓口」担当
E-mail:kogata-eisei@jsforum.or.jp
注:上記「@」は半角文字に変換後、メール送信願います。

応募書類の提出及びお問い合わせは、以下の宛先へ電子メールでお願いいたします。
お問い合わせの際には、事前に募集案内をよくお読みになってからお願いいたします。回答までお時間がかかる場合もございますが、何卒ご了承ください。

※本業務は(国研)宇宙航空研究開発機構(JAXA)からの委託によって(財)日本宇宙フォーラム(JSF)が支援しています。



「きぼう」放出(有償の仕組み)

国際宇宙ステーション「きぼう」からの超小型衛星の放出機会提供

宇宙航空研究開発機構は、民間企業・大学等による容易かつ迅速な超小型衛星の打ち上げ・運用を実現するための仕組みを作り、我が国の宇宙開発利用の裾野を広げ、人材育成に資すること、並びに超小型衛星の多様な打ち上げ(放出)機会の提供を目的に、以下の要領で「きぼう」から放出する超小型衛星候補の通年公募を実施しています。


01.定期募集と打ち上げ時期

有償の仕組みに係る打ち上げ機会割り当てのための募集は、原則年2回、向こう2年分の打ち上げ機会を本ホームページで募集致します。
応募者は、半年単位で打ち上げ機会を指定頂けます。但し、応募頂いた時点で、ご希望の打ち上げ機会の放出ミッションが既に契約済みの場合、ご希望に沿えないこともございますので、あらかじめご了承下さい。


02.募集要項


03.標準契約書

標準契約書については、以下をご覧ください。


04.公募に関する問い合わせ先

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台3-2-1
新御茶ノ水アーバントリニティビル
一般財団法人 日本宇宙フォーラム 宇宙利用事業部
「革新的衛星及び超小型衛星公募担当窓口」担当
E-mail:kogata-eisei@jsforum.or.jp
注:上記「@」は半角文字に変換後、メール送信願います。

応募書類の提出及びお問い合わせは、以下の宛先へ電子メールでお願いいたします。
お問い合わせの際には、事前に募集案内をよくお読みになってからお願いいたします。回答までお時間がかかる場合もございますが、何卒ご了承ください。

※本業務は(国研)宇宙航空研究開発機構(JAXA)からの委託によって(財)日本宇宙フォーラム(JSF)が支援しています。

EXAMPLE

活用事例