TOPICS

新着情報

JAXAが蓄積してきた多くの技術を
様々な産業分野にご活用いただくための制度

JAXAは、宇宙科学研究、宇宙航空に係わる基盤的な研究開発、大型ロケットや人工衛星、
宇宙ステーションなどの開発を通じて、多くの技術を蓄積してきました。
JAXAでは、これまで蓄積してきた宇宙航空分野の技術を、宇宙航空分野のみならず、
その他様々な産業分野でも広く活用していただき、国民生活の向上、安全で安心して暮らせる社会の形成、
人類社会の発展、産業の振興に寄与することを目指した活動を行っています。

  • 01ご相談
  • 02申込書の提出
  • 03実施許諾内容に関する調整
  • 04契約書の締結
  • 05実績報告書の提出
  • 06実施料支払い
  • STEP01

    ご相談

    JAXAが保有する知的財産を活用したい方や興味のある方は、コンタクトフォームよりご気軽にご相談ください。
    特許技術についてさらに詳しく知りたい方には、宇宙開発の現場に関わってきた経験豊富なコーディネーターがご相談に応じます。

  • STEP02

    知的財産実施許諾申込書の提出

    実施を希望する知的財産および利用計画等を記載した申請書(別記1)を新事業促進部 新事業課宛にご提出いただきます。
    (担当:新事業促進部 新事業課)
    [資料]
    別記1:知的財産(許諾/譲渡)申請書
    申請書記入例

  • STEP03

    実施許諾内容に関する調整

    以下の事項につき、申請者とJAXA(新事業促進部・担当原局)間で利用態様に応じて調整させていただきます。
    詳細は利用のてびきをご覧ください。

    ・技術指導や技術資料の内容など、技術の提供方法の詳細
    ・実施権の内容(実施の態様、独占/非独占(*))
    ・実施料の徴収方法(「利用のてびき」別記2)
    ・実施料率(「利用のてびき」別記3)
    (*)知的財産の活用を促進するために合理的と認められる場合には、独占的又は一部独占的な利用許諾を行います。
    (担当:新事業促進部 新事業課/担当原局)
    [資料]
    利用のてびき

  • STEP04

    知的財産実施許諾契約書の締結

    知的財産実施許諾契約を締結します。(JAXA COSMODE を利用することも可能です)
    (担当:東京契約課)
    [資料]
    知的財産実施許諾契約書(標準例)

  • STEP05

    実績報告書の提出

    実施期間終了後(実施期間が複数年度にわたる場合は、年度末あるいは半期末)に、販売実績等について実施報告書をご提出いただきます。
    (担当:東京契約課)
    [資料]
    実施報告書

  • STEP06

    実施料支払い

    STEP5の報告書に基づきJAXAから発行する請求書に応じて、料金をお支払いいただきます。
    (担当:東京契約課)

  • 使ってみたいJAXA特許

    JAXAが保有する特許技術のうち、特に事業化の可能性が高いものをご紹介します。

    01.電源関連

    02.測定技術

    お問合せ番号 特許技術 特許番号
    H29-8 無線光通信装置およびその通信方法 特開2016-201630
    H28-04 イオン液体を用いた二酸化炭素除去装置 特許5585873号
    H28-05 X線反射鏡製作技術 EPC-2317521、US-8824631
    H28-06 X線反射装置製造技術 特許5540305号
    H-28-12 超音波検査方法と装置 特許第4630992号
    H25-08 半導体試料の欠陥評価方法・装置 特許3917154 号
    H25-09 太陽電池の欠陥検査 特許4915991 号等
    H25-10 太陽電池の欠陥検査方法および装置 特許5024865 号
    H25-11 感圧塗料を用いた圧力計測方法・装置 特許3867248 号等
    H25-12 感圧および感温塗料 特開2008-286564 等
    H25-13 騒音・振動の原因分析方法 特許4873471 号
    H25-14 多分力計測方法・その装置 特許4984887 号
    H25-15 速度と高度の同時計測方法・装置 特許4893883 号

    03.センサ技術

    お問合せ番号 特許技術 特許番号
    H25-16 熱電特性計測センサ 特許4982766 号
    H25-17 反射率及び反射濃度の計測方法・装置 特開2011-232268
    H25-19 高精度平面度測定方法 特開2010-197281
    H25-20 撥水性の面発光センサ 特開2014-006166
    H25-22 気流測定センサ 特許3817610号等
    H25-23 パルスレーダによる距離測定方法 特許4835958号
    H25-24 光学式の気流計測装置 特許5252696号

    04.材料

    お問合せ番号 特許技術 特許番号
    H28-10 セラミックスコーティングを容易に形成する技術 特許第5345419号
    H25-25 新規ポリイミド樹脂 特許4214531号
    H25-26 セラミック繊維強化複合材料 特開2013-147366
    H25-27 超軽量構造材料 特許4452812号等

    05.部品

    お問合せ番号 特許技術 特許番号
    H29-03 衝撃吸収装置 特許第3921536号
    H29-04 電気化学的エッチングの均一化手法 特許第5046277号
    H28-07 不整地用走行車両 WO2016/129139 A1
    H28-08 安定して障害物を乗り越える支持構造 特開2015-178285
    H28-11 流れをコントロールするプラズマ発生デバイス 特開2015-161269
    H25-28 二流体微粒化ノズル 特許4266239号
    H25-29 二次元アクチュエータ 特許5317154号等
    H25-30 小型発振子 特許5028646号
    H25-31 通信用アンテナ 特許4787980号
    H25-32 高圧複合材タンク口金の構造 再表2011/052714

    06.燃焼器

    お問合せ番号 特許技術 特許番号
    H25-33 ガスタービン用燃焼器 特許5057363号
    H25-34 性能推定システム 特許5046104号
    H25-35 気体流量の配分制御機構 特許4997645号

    07.流体制御

    お問合せ番号 特許技術 特許番号
    H25-36 流体制御方法 特許5229774号
    H25-37 低騒音の航空機 特許4873505号
    H25-38 排気ノズル・ダクト 特開2010-223167
    H25-39 サイレンサ 特許4482670号

    08.撮影方法

    お問合せ番号 特許技術 特許番号
    H25-41 三次元位置・姿勢計測装置 特許5076100号
    H25-42 遠近すべてに焦点を合わせる撮影方法 特許5099712号

    関西サテライトオフィス

    関西サテライトオフィスでは、宇宙開発利用を促進するための産業連携拠点として、宇宙開発の現場に関わってきた経験豊富な専門コーディネータが宇宙ビジネスに関心を持つ皆さんに対し、各種コンサルティングを行っています。
    お越しの際には、念のため、下記まで事前にご連絡いただきますようにおねがいいたします。
    TEL:06-6222-7210(代表)

    業務内容

    関西サテライトオフィスは、関西地域、西日本地域に対して、宇宙航空の魅力をお伝えするとともに、宇宙航空技術・成果の利活用促進を通じて、地域の皆さまのお役に立ちたいと考えています。

    JAXAが提供している各種制度の紹介

    JAXAオープンラボ制度に応募したい」
    JAXAの試験設備を利用してみたい」
    超小型衛星を打ち上げたい」など
    JAXAが提供する各種制度のご利用に対するご相談に応じます。


    宇宙航空ビジネス参入に関する相談窓口

    「衛星を使って、ビジネスを始めてみたい」
    「宇宙を使ったアイデアがあるんだけど、実現可能性は?」
    新しい宇宙航空ジネスを生み出すアイデアをお待ちしております。


    JAXAの研究開発成果の活用に関する相談窓口

    「JAXAの保有する技術を使って商品化したい」
    「衛星の地球観測データを活用した地図を作りたい」
     JAXAの知的財産(特許、ノウハウ、プログラム、地球観測データ等)の活用していただくためのご相談に応じます。


    枝村 一弥

    所属:セキュリティ・情報化推進部(非常勤招聘職員)
    電話番号:03-3692-8530
    e-mail:newtech@dream.com

    連携先企業等の方へのメッセージ

    ・研究開発から製品化~事業化~事業成功に至る連携事業サイクルを、第一に優先します。
    ・開発投資を事業利益が上回った時に、初めて事業は成功したと認識しています。
    ・連携先企業様との事業成功を、共に追求します。

    プロフィール

    1954年3月生まれ、北海道出身。1976年東京工大・工学部卒業、1978年東京工大・大学院修了、協和発酵工業(株)研究員~外資系企業研究開発マネイジャー等を経て、1995年(有)新技術マネイジメント設立(東工大発ベンチャー認定第4号)・代表取締役から現在に至る。その間、(財)宇宙環境利用推進センター(JSUP)・客員研究員、山梨大・客員教授、東京工大・特別研究員(No.7)、東京工大・産学官連携研究員、成蹊大・非常勤講師、東京都産学公連携コーディネーター等を兼任。
    賞歴:工作機械技術振興賞(論文賞、工作機械技術振興財団1998)、ROBOMEC表彰(日本機械学会ロボティックス・メカトロニクス部門2001)、Best Research Paper Award (ICMT2006・メキシコシティー2006)、Donald Julius Groen Prize 2006 (IMechE(英国機械学会)・ロンドン2007)、Best Paper Award (ICMT2010・大阪2010)、Best Conference Paper Finalist (FPM2011・北京2011)、2012年度日本機械学会賞(論文・日本機械学会2013)

    セールスポイント(技術分野・ビジネス分野)

    ベンチャーを始めて丸18年。理論よりも実学を実践しています。
    どんな技術・ビジネス分野でも、努力と幸運、そして技術と事業の目利きは大切な成功要素です。儲かる技術・儲かる事業へと繋げていきましょう。

    得意分野

    材料関連
    生物関連
    電池・センサー・静電他


    山田 善博

    所属:セキュリティ・情報化推進部(非常勤招聘職員)
    電話番号:053-420-4600
    e-mail:yyamada@cresource.biz

    連携先企業等の方へのメッセージ

    産学連携による、技術・商品開発など技術者の視点から、導入支援を行っております。

    プロフィール

    建材メーカーにて、プラント、アクリル樹脂材料設計等の技術者として10年勤務後、北米オハイオ州デイトンにて三井物産との合弁企業立ち上げに参画。北米滞在5年。
    技術開発を主とする法人設立後、文科省、経産省、JST、NEDO、中小企業庁等の委託、助成研究開発事業により、フォトリソグラフィー、超臨界二酸化炭素、ナノファイバー、マイクロ電鋳等を用いた技術開発を実施。浜松市在住。

    セールスポイント(技術分野・ビジネス分野)

    機械工学、化学工学一般
    プラント、プラスチック成形、樹脂材料、めっき、超臨界合成、エッチング、フォトリソグラフィー、ナノファイバー技術等。

    得意分野

    計測関連
    構造関連
    材料関連


    吉野 仁之

    所属:セキュリティ・情報化推進部(非常勤招聘職員)
    電話番号:03-3523-3390
    e-mail:hitoshi7yoshino@nifty.com

    連携先企業等の方へのメッセージ

    JAXAは商業的価値を有する発明、開発成果を数多く保有しており、現在、民間への移転を積極的に進めています。 是非、これらの技術を皆様のビジネスに有益にご活用頂きますようお願い致します。

    プロフィール

    海外の技術移転会社勤務経験を含め、約20年、国内外の技術移転業務に従事。医療機器、医薬、電気・電子、材料等の分野で技術移転実績を有する。

    セールスポイント(技術分野・ビジネス分野)

    機械工学、化学工学一般
    技術移転全般

    得意分野


    通信・制御
    電池・センサー・静電他
    その他