JAXAオープンラボ公募

JAXAオープンラボ公募とは

『JAXAオープンラボ公募』では、提案者からのJAXAがもつ技術等を活用した提案内容に基づいてJAXAと提案者が役割と費用を分担し、共同研究を行います。
JAXAが分担する費用については、JAXAの技術等の活用の可能性を検証するために必要となる費用とし、フェーズに応じて、年間最大1,000万円の共同研究費を分担します。

なお、提案者が宇宙航空に関連する製品・サービスやJAXA技術を活用した製品・サービス を創出し事業活動を行うこと、及びJAXAの宇宙航空技術が進展すること等が期待できる研究提案を募集します。

【 JAXAオープンラボ公募制度概要 】

JAXAオープンラボ公募制度概要

【 JAXAの有する宇宙航空関連技術の例 】

JAXAの有する宇宙航空関連技術の例については、下記HPをご参照ください。
http://aerospacebiz.jaxa.jp/jp/patent/

【JAXAの有する宇宙航空関連の技術の一例】
・真空・極低高温・宇宙線(放射線)等の極限環境下において、機器を安定稼働させる技術
・徹底した機器の軽量化
・打ち上げ時の高加速に耐えうる振動対策
・容易に修理できない環境に対する、製品の高信頼性の追求と品質管理の徹底
・微小重力等宇宙環境における有人活動
・環境にやさしい、騒音やCO2排出量の少ない、クリーンエンジン技術
・航空輸送の安全性及び利便性を向上させる運航システム

なお、これまでのオープンラボの共同研究例として、宇宙船内衣服の技術を応用した「宇宙下着」、宇宙での「CM撮影ビジネス」、地球観測衛星データで選別された茶園から採れた高品質茶葉を使用した「お茶」などがあります。

※これまでの共同研究事例について詳しくお知りになりたい方は、こちらの事例紹介をご覧ください。

応募から共同研究までの流れ

ご応募いただいた提案について、提案者は一次審査(書類審査)に向けて、応募すべきフェーズや提案内容の実現性、JAXAとの共同研究の可能性等について、必要に応じてJAXAオープンラボ公募事務局と調整を行います。事務局との調整が完了した案件については、一次審査で審査されます。

提案者は、一次審査を通過した場合、JAXA研究者と共同で役割分担等の調整を行い、共同研究提案書等を作成して頂きます。この共同研究提案書等に基づき、最終審査で審査され、採択されます。

【Ⅰ】 応募から一次審査までの流れ

応募から共同研究までの流れ

主なステップ

STEP1
応募申込・受付
提案者は、応募書類(研究提案書)を作成の上、本制度に申し込んで下さい。
STEP2
事務局との提案内容の調整
応募受付後、提案者と事務局が一次審査に向けて、応募すべきフェーズや提案内容の実現性、JAXA との共同研究の可能性等について調整を行います。提案内容の調整が完了したものが、一次審査の対象となります。
STEP3
一次審査(書類審査)
提案者-事務局間で調整された研究提案書に基づき、一次審査(JAXA 外部の審査委員を含む書類審査)※を行います。
※ 一次審査では“実施の意義”、“事業プランの妥当性”について審査のポイントに基づく審査を行います。

【Ⅱ】 一次審査通過以降〜共同研究までの流れ

応募から共同研究までの流れ

STEP4
JAXA研究者との共同研究提案書の作成
一次審査を通過した提案については、JAXA 研究者との間で役割分担等の調整を行い、共同研究提案書(実施計画書(案)を含む)を作成して頂きます。その際、必要に応じJAXA との間で秘密保持契約を締結して頂きます。
また、JAXA研究者の紹介を希望される場合は、共同研究提案書の作成に取り掛かるまでに事務局よりJAXA研究者を紹介します。
STEP5
最終審査
JAXA研究者と作成した共同研究提案書等に基づき、最終審査※を行います。
※最終審査では主に“研究提案内容の妥当性 ”について審査のポイントに基づく審査を行います。
STEP6
JAXAとの共同研究契約の締結
最終審査で選定された提案について、JAXA と企業・大学等の間で共同研究契約を締結し、共同研究を開始して頂きます。
STEP7
JAXAとの共同研究の実施
共同研究は、JAXA 研究者と企業・大学等の間で進められますが、四半期に1回程度の頻度で事務局を交えた定例会を実施して頂きます。
STEP8
共同研究成果の報告
年度毎に、研究進捗(技術成果、事業プラン等)について、報告して頂きます。
次年度への共同研究継続可否については、上記の研究進捗について年度末審査を行い、決定します(研究結果の観点に限らず、事業プランの観点からも審査します)。

成果・知的財産権の取り扱い

知的財産権の取り扱い

共同研究の実施に係る成果については以下のとおりとします。

  • 共同研究の実施により共同で発明等が生じた場合には、速やかに相手方に通知することとします。当該権利は共同で所有するものとし、その持分は実施計画での役割分担に基づくそれぞれの知的貢献の度合に応じて協議のうえ定めさせて頂きます。
  • 単独で発明等を行った場合には、予め相手方の同意を得て、当該発明等に係る知的財産権を単独で所有する権利を持ちます。
  • その他詳細条件については、共同研究契約書にて別途定めることとします。

成果の取り扱い

  • 共同研究の成果等について、共同研究終了後、速やかに共同研究計画書に沿った報告書をまとめてJAXAに提出することとします。報告内容について、JAXAは提案者側の同意を得た後、適宜、ホームページ、展示会(セミナー、シンポジウム)等で公開する場合があります。
  • 共同研究の成果を用いて、ビジネス等を行う場合には、速やかに、JAXAに報告をお願いします。
  • その他詳細条件については、共同研究契約書にて別途定めることとします。

※「JAXAオープンラボ公募」の詳細については、平成28年度募集要項をご覧ください。
※ご不明な点は、お気軽に「JAXAオープンラボ公募事務局」までお問い合わせください。

「募集概要」へ

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビシステムズ社のAdobe Readerが必要です。
最新のAdobe Readerはアドビシステムズ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

新事業促進センターへのお問い合わせ
お問い合わせフォームへ
ページトップへ