宇宙空間の高真空、冷暗黒および高温を模擬

8mφスペースチャンバは、13mφスペースチャンバ同様、地上で宇宙空間の高真空、冷暗黒および高温を模擬する設備です。この設備で、宇宙機の熱設計の評価、耐環境性の確認を行うことができます。
高真空環境を模擬するために、極低温ヘリウムガス(20K)が循環するクライオポンプが用いられています。冷暗黒環境を模擬するために、真空容器内面に沿って液化窒素が循環する黒色シュラウドが用いられています。
高温を模擬するための擬似装置は、太陽光の波長に類似した光源となるキセノンランプが用いられており、ソーラシミュレータと呼ばれています。8mφスペースチャンバでは、真空容器が垂直となっており上部から擬似太陽光を照射する構造となっています。
また、シュラウドはLN2を溜め込む方式で、蒸発分を補充しています。なお、供試体インターフェイス部分は13mφスペースチャンバ・6mφ放射計スペースチャンバと部分的に同一です。

部署 環境試験技術ユニット
設置場所 8mφチャンバ棟
寸法 シュラウド内有効範囲 7.5m(径)x19.6m(長)
真空容器 垂直円筒型
供試体搬入可能サイズ 5m(横)×5.7m(高)
到達圧力 1.33x10⁻⁴Pa(1.0x10⁻⁶Torr)以下
排気時間 / 大気圧戻し時間 11時間以内/19時間以内
シュラウド温度 100K以下
ソーラシミュレータ 試験空間: 4mφx6m
光源: 30kWキセノンランプ19灯
放射強度: 2.5kW/m2
平行度: ±1.5°以内
均一度: ±5%以内(平面内)/±10%(空間内)
計測点数 最大 840ch
最大連続運転時間 45日

RELATED

関連記事