宇宙環境下での光学特性確認試験や
熱平衡/熱真空試験を実施

6mφ放射計スペースチャンバは、地球観測衛星等に搭載される光学機器の宇宙環境下での光学特性確認試験や、宇宙機のサブシステム・コンポーネントの熱平衡/熱真空試験を行うことができます。
チャンバ本体は水平カマボコ型の形状となっています。この形状を採用することにより、チャンバ内での作業性の向上が図られています。
光学特性確認試験では、高度の防振性能が要求されます。そのため、光学機器を搭載する防振架台及び光学試験装置を重さ3,700トンの独立基礎上に設置し、地盤の常時微動の影響を極力抑えています。また、チャンバ本体の基礎及び回転機器類の基礎は、有害な振動が光学機器及び光学試験装置に外部から極力伝わらないように試験設備の基礎とは別の独立基礎で工夫されています。

部署 環境試験技術ユニット
設置場所 6mφ放射計スペースチャンバ棟
真空容器形式 水平かまぼこ型
シュラウド内有効範囲 6m(径)x8m(長)
チャンバ内搬入許容重量 4トン(治具含む)
到達圧力 1.3x10⁻⁵Pa(1.0x10⁻⁷Torr)以下
排気時間/大気圧戻し時間 8時間以内
シュラウド温度 100K以下または常温(300K)
最大連続運転時間 30日
準備室内清浄度 クラス10,000(クリーンブース内:クラス100)
防振機能 相対変位振動: 1μm(0-p)未満
相対角度振動: 0.3μrad(p-p)未満
スペースバックグラウンド温度 20K以下

RELATED

関連記事