屋外の移動型電波測定塔と組合せて
大型アンテナの電波特性を試験

電波試験設備は、宇宙機の電波系システム試験のほかロケット・宇宙機の搭載用アンテナ・搭載用電波系センサ等の試験を行い、その電波特性を測定するための設備です。
この設備は2室構成になっています。このうち、第1無反射室は電界シールドされたクラス10万のクリーンルームであり、宇宙機の電波干渉試験・電波系総合試験が可能です。また、この室には、送受信距離24.6mの遠方界測定システムとコンパクトレンジシステム(反射鏡を使用し、限られた空間で遠方界測定を実現する)を有しています。第2無反射室は、一方を開放し、屋外の移動型電波測定塔と組合せることにより、最大450mの距離範囲内における主に大型アンテナの電波実験を行うことができます。

部署 環境試験技術ユニット
設置場所 電波試験棟
コンパクトレンジシステム(基本情報) クワイエットゾーン(QZ):
 直径3.6mの横円柱空間(テストゾーン)

送受信間距離: 7315mm固定式(焦点距離)

振幅テーパ位相変動:
 最大1.0dB
 10°以下(1GHz~18GHz)
 20°以下(18GHz~94GHz)
コンパクトレンジシステム(試験周波数範囲) 1GHz~94GHz
遠方界測定システム(基本情報) クワイエットゾーン(QZ):
 回転台中心上の高さ11mを中心とした直径6mの球体空間

構造: 長方形型
寸法: 奥行39.2×幅24.5×高さ22.4m
送受信間距離: 24.6m固定式

電波吸収体: 角錐型ポリウレタンフォーム(カーボン含有)

電波吸収特性(QZ内):
 450MHz~10GHz以上
 -22dB~-45dB以下

電界シールド特性:
 90kHz~30GHz
 80dB~-60dB
遠方界測定システム(試験周波数範囲) 450MHz~26.5GHz

RELATED

関連記事