ロケット・宇宙機に搭載する電子機器等の
電磁気的相互干渉による機器の機能低下の有無を評価

電磁適合特性試験設備は、ロケット・宇宙機に搭載する電子機器等の電磁気的相互干渉による機器の機能低下の有無を確認する設備です。
設備の構成は、電子機器等を外来雑音電磁波から遮断するシールドルーム並びに電子機器等との間で電磁波の受信または放射を行うアンテナ部及び受信部等からなります。これらの試験設備を使用して、米軍規格(MIL-STD-461等)及び国際宇宙ステーションからの要求(SSP30237)に対応したレベルでの試験が可能です。

部署 環境試験技術ユニット
設置場所 衛星試験棟
試験装置 受信周波数範囲(雑音系): 30Hz~40GHz

発生電界(感受性系)
(1) 14kHz~30MHz 10V/m(MTL-STD-461)
(2) 30MHz~10GHz 5V/m(MTL-STD-461)
(3) 10GHz~40GHz 20V/m(MTL-STD-461)
(4) 14kHz~200MHz 5V/m(SSP30237)
(5) 200MHz~8GHz 60V/m(SSP30237)
(6) 8GHz~10GHz 20V/m(SSP30237)
(7) 2.2GHz 161V/m(SSP30237)
(8) 8.5GHz 79V/m(SSP30237)
(9) 13.7GHz~15.2GHz 250V/m(SSP30237)

制御方式: コンピュータ及びコントローラによる自動制御方式
シールドルーム 内部有効寸法: 幅10m、奥行き10m、高さ8.8m

シールド特性
電界に対して:10kHz~40GHz 100dB以上
磁界に対して:150kHz~200kHz 85dB以上

構造:
20mm合板両面に0.6mmの亜鉛メッキ鋼板を貼り付けた二重シールドパネルによるパネル工法

RELATED

関連記事