宇宙機の質量、重心位置、慣性モーメントを測定

質量特性測定設備は、宇宙機の質量、重心位置、慣性モーメントを測定する設備です。
設備は、ロードセルまたは台はかりを用いて供試体の質量を測定する質量測定装置と、空気軸受で支持されたテーブルを回転させ、垂直軸まわりに振動させて、慣性モーメントと重心位置を測定する質量特性測定装置から構成されています。

部署 環境試験技術ユニット
設置場所 総合環境試験棟
質量測定装置(ロードセル) 測定範囲: 100~6,500kg
質量測定精度: 0.1%以下
付属装置(大型精密台はかり) 測定範囲: 0.01~150kg
質量測定精度: 50kg以下の場合は±5g
          150kg以下の場合は±10g
質量特性測定装置 積載容量: 60~6,000kg
回転テーブル直径: 2,000mmφ
重心測定精度: (0.02+300/M+S/2,500)mm以下
 [M: 供試体質量(kg)、S: 重心オフセット(mm)]
慣性モーメント測定精度: 50kg-㎡以上の場合は測定値の0.5%

RELATED

関連記事