打上げ・飛行時等の静的加速度への耐性を評価

旋回腕型加速度試験設備は、ロケット・宇宙機のサブシステム及びコンポーネント、及び航空機の搭載機器等に打上げ・飛行時等の静的加速度を負荷し、その耐性を試験し性能を確認する設備です。
加速度環境は旋回腕の旋回運動による遠心力を利用して得られます。供試体は、腕の一端にある供試体取付面に設置され、供試体の加速度は腕の回転によって制御されます。
加速度試験中の計測信号は、回転中心部に設置された計測架から無線伝送し、加速度計測室でモニタ・記録できます。

部署 環境試験技術ユニット
設置場所 構造試験棟
標準回転半径 7,250mm
加速度設定可能範囲 0.2~546mm/s²(0.02~55.7G)
回転数設定可能範囲 1.6 ~ 82.9r/min
回転方向 時計回り
最大搭載質量 400kg(但し、搭載質量と加速度の積が81,900kg・m/s2を超えないこと)
最大加速度までの到達時間 2 分
計測チャンネル数 加速度:10ch
ひずみ:10ch
電圧:10ch
温度:5ch
映像:2ch

RELATED

関連記事