J-SPARC 宇宙イノベーションパートナーシップ

JAXA

OUTLINE


想定パートナー

事業化意思のある民間企業やアントレプレナー、技術シーズを持つ大学、研究機関など

基本的な実施プロセス

J-SPARCでは、民間事業者等とJAXAが人的リソースや資金を持ち寄り、企画段階から早いサイクルで事業コンセプト等を共創することで、早期の事業化を目指します。
また、各事業の特性、規模、技術開発要素等を踏まえ、適切な連携体制を構築するとともに、実施プロセスを柔軟に設定し、事業化を出口とした協業を推進します。


※段階的プロセスに限らず、内容や進捗等により柔軟に設定

参加方法

窓口にお問い合せください。参加ご意思、事業構想案を事前にお聞かせいただき(事前対話)、「コンセプト共創」以降に進むご意思がある場合は、所定の提案書を作成の上、公募窓口に提出いただきます。JAXAで必要な選考プロセスを経て、必要な取り決めを締結し、共創を開始いたします。
なお、「事業共同実証」についても、同様の選考プロセスを経て事業化を目指します。

公募スケジュール

ご提案は毎月受け付けており、社内選考も毎月実施しております。目安として、毎月第3金曜日に提案受付を締め切り、ご提案受付翌月以降に選考いたします。 なお、採択された事業は、提案事業者のご意向も確認したうえで本ウエブにてお知らせいたします。

JAXAの主な役割

宇宙機や宇宙環境の利用機会に加え、これまで培ってきた技術力、経験、多様な国内外ネットワーク等を総動員した技術開発・実証を先導します。
(役割分担に基づく技術開発・技術実証、エンジニア・研究者等の人的リソースや宇宙機・設備・データ等のアセット提供)

お問い合わせ

JAXA新事業促進部 J-SPARC事務局(J-SPARC@ml.jaxa.jp