陸域観測技術衛星2号「だいち2号」(ALOS-2)は、陸域観測技術衛星「だいち」の後継機です。地図作成・地域観測・災害状況把握・資源探査の幅広い分野で利用され、私たちの暮らしに様々な形で貢献してきた「だいち」のミッションを発展的に引き継ぎます。
2014年5月24日に、H-IIAロケット24号機により打ち上げられた「だいち2号」には、4基の小型衛星が相乗りしました。

SPROUT/日本大学

超小型人工衛星開発プロジェクト SPROUT

ミッション:
1.複合膜面構造物展開の宇宙実証と設計手法の検証
2.数kg級衛星用姿勢決定・制御技術の実証
3.複合膜面構造物による軌道降下率変化の予測
4.アマチュア無線家による衛星運用
5.地域交流活動
超小型人工衛星開発プロジェクト SPROUTウェブサイト

RISING-2/東北大学/北海道大学

東北大学 超小型地球観測衛星「雷神2」

ミッション:
1.高解像度地球撮影(約5m分解能目標)
2.高精度三軸姿勢制御(約0.1度指向誤差目標)
3.積乱雲の高解像度ステレオ撮像
4.高高度放電発光撮影
東北大学 超小型地球観測衛星「雷神2」ウェブサイト

UNIFORM-1/和歌山大学

UNIFORM

ミッション:
1.Wildfire監視を目的とした熱異常検知
2.アジア等の宇宙新興国との協力によるキャパシティビルディング
UNIFORMウェブサイト

SOCRATES/株式会社エイ・イー・エス

ミッション:
1.小型衛星標準バスの実証
2.先進的ミッション/要素技術の軌道上実証環境の提供

RELATED

関連記事