想定される用途例:PCを多く使用する所/充放電機器を多く使用する所

電力のピークカットができます。

従来技術

従来技術では、電力削減を目的として照明をこまめに切断するための従業員を就業させる必要があり、自動で制御することができませんでした。


本発明の特徴

宇宙機「はやぶさ」では、限られた電力を有効利用する装置が搭載されました。
 ノート型PC には、持出し利用できるように、バッテリーが搭載されています。実際には、持ち出されているノートPC は少なく、かなりがフル充電状態で置かれっぱなしです。多数のノート型PC は、いわば、分散電源システムを構成しています。Virtual Power Plant です。
本技術は、分散バッテリーで、ピークカット制御を行い、片方向同報送信と『独立分散制御』に基づき、『系統電力から切り離し、放電移行する順位を高速で決定・機能させる、サーバーを要しないNote PCのネットワーク』です。
1.照明をこまめに切断するための従業員を就業させるよりも、このPC制御は、もっとスマートにそれを代行します。

特願番号 特開2016-33817
発明名称 電力制御システム、方法、及び、情報伝達能力制御システム、方法

EXAMPLE

その他の特許