想定される用途例:住宅、ビル等でのピークカット制御、電力・初期投資削減/その他IoTが活かされる場所のピークカット制御電力・投資削減

電力のピークカット=電気使用料低減ができます。
遮断順位を高速で決定・機能します。
サーバー等の中央監視装置の高額投資が不要です。

従来技術

従来の技術では、過電力が流れると主幹ブレーカーが落ちます。
また、分配を集中監視で行うには、初期のシステム構築を必要とし、既存住宅や、途上国においての初期投資を伴う方法では普及は難しいのが実情です。


本発明の特徴

宇宙機「はやぶさ」では、限られた電力を有効利用する装置が搭載されました。宇宙機に停電は許されませんので、負荷が超過すると、自動的に、大消費電力機器を切離す制御が行われます。(UVC: Under-Voltage-Control)
本技術は、その高機能版を家庭に導入させる装置であり、スマートブレーカーにより、遮断順位を高速で決定・機能させる、サーバーを要しないブレーカーのネットワークを構築します。
つまり『ゼロエネルギー住宅とは、宇宙船になること。』と同じです。 
1.本技術を用いた製品は 高速で原因となったコンセントだけを遮断し、主幹ブレーカーは落ちません。
2.技術は、サーバーを要しないため、導入へのしきいは非常に低く、大きな普及・展開が期待できます。

特許番号 特開2016-33817
開発名称 電力制御システム、方法、及び、情報伝達能力制御システム、方法

EXAMPLE

その他の特許