想定される用途:海中や地上での無線高速データ通信/光ケーブルの敷設が困難な過疎地への衛星を用いた高速ネットワークサービス

1台の受信機で,複数の受信レートに対応可能です。
ユーザ衛星からの送信パワーを最少限とすることが可能です。

従来技術

従来の技術では、低速伝送をしたいユーザも高速伝送をしたいユーザと同じ送信パワーが必要でした。


本発明の特徴

 地球の周回軌道を回っている衛星の情報を、静止衛星を中継して地球にデータを送信する仕組みがあります。(データ中継システム)
 本技術は、静止衛星に搭載する受信機において,各ユーザ衛星に応じた1種類の波長の捕捉追尾センサと復調器への振り分ける比率が異なるビームスプリッターを有する装置です。 

特許番号 特開2016-201630
開発名称 光通信システム及び光受信装置

EXAMPLE

その他の特許