想定される用途:航空機等

重量の増加なく騒音を低減できます。
航空機の減速機能を高めることができます。

従来技術

エンジン騒音の発生源は、インテーク(空気吸入口)側から前方に向けて発生するファンノ
イズと、排気ノズル側から後方に向けて発生するジェットミキシングノイズが主要な発生源
です。吸音ダクトや低騒音化ノズルをエンジン後部に装着することが実用化されています。
しかし、吸音ダクトや低騒音化ノズルは、現機体の重量増加という問題点があります。また、
航空機の環境適合性基準を満たすためには、離着陸時のエンジン騒音の抑制が必要です。


本発明の特徴

・排気量低減や重量の増加なく、騒音を低減できます。
・航空機の場合、減速機能を高めることができます。

特許番号 特許4873505号
正式名称 低騒音航空機

EXAMPLE

その他の特許