想定される適用例:建築・土木関連、防災関連(災害現場、火山地帯等、人が立ち入れない場所)、森林関連

複雑な制御システムなしに
厳しい不整地が走行可能になります

従来技術・競合技術との比較

従来、同種の車両、ロボットがありますが、多くのセンサやコンピュータを有している分、複雑な構造となっており、制御・操作が難しい、信頼性が低下する等の問題がありました。


技術概要・特徴

本車両は各々サスペンションアームで支持された4つのクローラユニットにより高い不整地踏破力を発揮します。 障害物等に受動的に適応するクローラ機構と、低重心であ ることから、50cmの段差、45度以上の傾斜、林などを踏 破できます。 本体にはラジコン装置およびバッテリーを備え、2本のジョイ スティックのみで簡単に操縦できます。
本車両の技術は、複雑な制御システムなしに、単純な機構で、厳しい不整地を走行できることを可能とします。

【本技術の特徴】
・高い不整地踏破力を発揮する4つの足回り
・センサやコンピュータが不要なシンプルな仕組み
・低コスト

特許番号 WO2016/129139 A1
発明名称 不整地用走行車両

EXAMPLE

その他の特許