JAXA

プログラム

司会進行:石田 紗英子 (「JAXA宇宙航空最前線」ナビゲーター)

時刻 項目 登壇者
第一部    
14:30~14:40 「トッププレゼンテーション」 奥村 直樹
(独立行政法人 宇宙航空研究開発機構 理事長)
14:40~14:50 「来賓挨拶」 西本 淳哉
(内閣府 宇宙審議官・宇宙戦略室長)

磯谷 桂介
(文部科学省 大臣官房審議官・研究開発局担当)
髙田 修三
(経済産業省 大臣官房審議官・製造産業局担当)
14:50~15:20

「キーノートアドレス
~地球的課題に対して

宇宙・衛星は何ができるか」

竹村 真一
(京都造形芸術大学教授/Earth Literacy Program代表)
15:20~16:30 「セッションI
衛星データを利用した
ビジネスと社会課題
解決への可能性」

■コーディネータ
竹村 真一

■登壇者 (5名)
大橋 真
(ESRIジャパン株式会社 技術推進グループ部長)
中村 哲也
(日産自動車株式会社、一般社団法人企業間フューチャーセンター)
南雲 秀哉
(佐賀県 統括本部政策監グループ 企画第一担当主査)

河合 淳也
(三井不動産株式会社 柏の葉キャンパスシティプロジェクト推進部長)
松浦 直人
(JAXA 第一衛星利用ミッション本部 衛星利用推進センター長)

16:30~16:45 休憩  
第二部    
16:45~17:55 「セッションII
衛星データをどのような
新たなビジネスで
利用できるか」

■プレゼンター (計3名)

HAL東京 先端ロボット開発学科代表チーム 1名
事前に選抜された2チーム 各1名
大平 亘さん
 「宇宙インフラを使って交通事故を減らす」
早瀬 亮さん
 「地球観測衛星を用いた太陽光発電システム
 促進サービスの提案」

■登壇者 (6名)
石戸 奈々子
(NPO法人CANVAS理事長、株式会社デジタルえほん代表取締役)
蒲地 安則
(三菱電機株式会社 宇宙システム事業部長)
神武 直彦
(慶應義塾大学大学院 システムデザイン・マネジメント研究科 准教授)
津田 大介
(ジャーナリスト/メディア・アクティビスト)
夏野 剛
(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授)
佐藤 伸子
(JAXA産業連携センター企画グループ副グループ長)
17:55~18:00 「産業連携窓口担当者紹介」 JAXA産業連携センター
ビジネス交流会 会費制・お一人様 2,500円  
18:30~20:30    

*順不同・敬称略
*プログラムは変更になる場合があります

プロフィール


竹村 真一

1959年生まれ。京都造形芸術大学教授。Earth Literacy Program代表。

東京大学大学院文化人類学博士課程修了。地球時代の新たな「人間学」を提起しつつ、ITを駆使した地球環境問題への独自な取組みを進める。

世界初のデジタル地球儀「触れる地球」(05年グッドデザイン賞・金賞、中型普及版は2013年キッズデザイン最優秀賞・内閣総理大臣賞を受賞)や「100万人のキャンドルナイト」、「Water」展(07年)などを企画・制作。環境セミナー「地球大学」を丸の内で主宰。Jwaveのナビゲーターもつとめる。

東日本大震災後、政府の「復興構想会議」検討部会専門委員に就任。また国連UNISDR(国連防災機構)より「国連防災白書2013」のコンセプトデザイン・ディレクターに指名される。

著書に「地球の目線」(PHP新書)、「Water」(ワールドフォトプレス)、「宇宙樹」「22世紀のグランドデザイン」(慶応大学出版会)、「地球大学講義録」(日経新聞社)、「地球を聴く」(坂本龍一氏との対談;日経新聞社刊)など。「宇宙樹」は高校の国語の教科書にも採録されている。

夏野 剛

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授。

1988年早稲田大学卒、東京ガス入社。95年ペンシルベニア大学経営大学院(ウォートンスクール)卒。ベンチャー企業副社長を経て、97年NTTドコモへ入社。99年に「iモード」、その後「おサイフケータイ」などの多くのサービスを立ち上げた。2005年執行役員、08年にドコモ退社。 現在は慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別招聘教授のほか、ドワンゴ、セガサミーホールディングス、ぴあ、トランスコスモス、グリー、トレンダーズなど複数の取締役を兼任。特別招聘教授を務める慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科では「ネットワーク産業論」をテーマに講義する。 2001年ビジネスウィーク誌にて世界のeビジネスリーダー25人の一人に選ばれる。 著書「ケータイの未来」「夏野流 脱ガラパゴスの思考法」「iPhone vs.アンドロイド」「なぜ大企業が突然つぶれるのか」「ビジョンがあればプランはいらない」等多数。

津田 大介

ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。

1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学社会科学部卒。

大阪経済大学客員教授。早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース非常勤講師。東京工業大学リベラルアーツセンター非常勤講師。J-WAVE「JAM THE WORLD」ナビゲーター。 NHKラジオ第1「すっぴん!」パーソナリティー。テレ朝チャンネル2「ニュースの深層」キャスター。一般社団法人インターネットユーザー協会(MIAU)代表理事。メディア、ジャーナリズム、IT・ネットサービス、コンテンツビジネス、著作権問題などを専門分野に執筆活動を行う。ソーシャルメディアを利用した新しいジャーナリズムをさまざまな形で実践。ポップカルチャーのニュースサイト「ナタリー」の創業・運営にも携わる。 世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2013」選出。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)、『動員の革命』(中公新書ラクレ)、『情報の呼吸法』(朝日出版社)、『Twitter社会論』(洋泉社新書)、『未来型サバイバル音楽論』(中公新書ラクレ)ほか。2011年9月より週刊有料メールマガジン「メディアの現場」を配信中

神武 直彦

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 准教授。

大学卒業後、宇宙開発事業団入社。H-II,H-IIAロケットの研究開発と打上げに 従事。欧州宇宙機関(ESA)研究員を経て、宇宙航空研 究開発機構主任開発員。 国際宇宙ステーションや人工衛星の開発および宇宙機搭載ソフトウェアに関する アメリカ航空宇宙局(NASA)、ESA との国際連携の統括に従事。2009年より慶應 義塾大学准教授。Sentinel Asia Projectメンバー、IMES(屋内GPS)コンソーシ アム代表幹事、高精度衛星測位サービス利用促進協議会QBIC アドバイザ、平成 25年度宇宙開発利用大賞選考委員。博士(政策・メディア)。アジア工科大学院 (タイ)客員准教授。システムズエンジニアリング教育研究 や、アジア太平洋 地域を中心とした宇宙インフラを利用したソーシャルイノベーションの創出、人 材育成などを行う。