J-SPARC 宇宙イノベーションパートナーシップ

JAXA

PRODUCERS


一覧へ戻る

神谷 岳志 KAMIYA TAKESHI

主な担当
遠隔存在技術(AVATAR)、月惑星探査、VR/ARビジネスなど
プロフィール
宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)の開発エンジニア、地上管制官として従事。その後、NASA 研究所に派遣されリサイクルの基礎研究をする一方、シリコンバレーのチャレンジ文化に浸り、帰国後ポストアメリカディプレッション状態に。異業種の社内外有志チームによる新商品の開発等を経て、現在は、最新技術×宇宙をテーマとして、事業企画を進めている。愛知県知多半島出身、埼玉県の田んぼ育ち。趣味は、キャンプ、草サッカー&サポータ、ガジェットの衝動買い。
メッセージ
宇宙を使い、世の中に新たなWOW!を提供したい!チームを組み、プロジェクト達成の瞬間を味わいたい!
一覧へ戻る
一覧へ戻る

大地 泰裕 OCHI YASUHIRO

主な担当
輸送サービス事業など
プロフィール
入社後は種子島宇宙センターでロケット打上げ業務に従事し、その後、宇宙輸送系部門でロケットの機体や設備開発を経て、全く別分野である航空機の運航や人工衛星の環境試験にも従事。新事業促進部においては、旧オープンラボ公募制度(共同研究)及びロケット相乗り超小型衛星の放出にて成果を世に出す実績をあげる。
なお、双発機と計器飛行証明の操縦士免許の持ち主であり、趣味はフライトシミュレーター。
メッセージ
JAXAの技術成果を生活者の皆様に還元できるような仕事の仕方を心がけています。
一覧へ戻る
一覧へ戻る

越智 士郎 OCHI SHIRO

主な担当
衛星利用ビジネス
(リモートセンシング、測位(GNSS)、ビッグデータ活用など)
プロフィール
農学部(林学)を卒業後、国連地域開発センター(UNCRD)に勤務。中国やインドネシアの環境モニタリング、都市計画のプロジェクトに携わる。JICA専門家として国連環境計画 (UNEP)地球環境データベース(GRID)バンコクセンターに派遣。その後、リモートセンシング、GIS(地理情報システム)の分野で、大学での教育・研究に従事。2016年にJAXA招聘研究員として、タイのアジア工科大学院(AIT)に派遣。アジアの研究者や学生とともに、JAXAイニシアティブのセンチネルアジア(災害支援)やSAFE(環境監視)に取り組む。2019年より現職。リモートセンシング技術の社会実装を目指す。博士(工学)。
メッセージ
宇宙技術を使って、国際協力とビジネスが両立・共存する共創を皆さんと一緒につくって世界に貢献したい。
一覧へ戻る
一覧へ戻る

中山 大志 NAKAYAMA HIROSHI

主な担当
宇宙構造物、デザインマーケティングなど
プロフィール
宇宙開発関連の建物を専門とする建築士として、日本全国にあるJAXA施設の設計・施工監理に従事。種子島宇宙センター勤務時に、大量の流木が押し寄せ物流が麻痺したことから人工衛星データの弱点に関心をもち、衛星ミッションの企画立案部門へ異動。その後、宇宙産業の盛り上がりを感じ、国内企業の海外展開支援業務に従事。欧州最大の応用研究機関であるドイツのフラウンホーファー研究機構(独: Fraunhofer-Gesellschaft)にて事業開発を経験。帰国後、海外展開およびスタートアップ企業の支援を担当。
メッセージ
宇宙のポテンシャルはまだ誰にもわかりません。インターネットのように宇宙が当たり前になる社会で、ビジネスを始めませんか?
一覧へ戻る