航空機用ジェットエンジンの環状燃焼器などを
高温高圧条件で試験

本設備は航空機用ジェットエンジンの環状燃焼器など大流量の空気を必要とする燃焼器を高温高圧条件で試験し、燃焼性能、排気特性等を評価するために整備されました。回転トラバース機構による環状燃焼器出口の温度、圧力、ガス成分濃度(窒素酸化物等)の分布の計測、光学プローブによる燃焼器出口からの火炎観察が可能です。

部署 航空技術部門
空気源 前段圧縮機 : 720kW 2台、1,140kW 1台、2,240kW 1台、930kW 1台
後段圧縮機 : 10,000kW 1台
単独運転試験(後段圧縮機のみの運転による試験) 最高圧力: 0.8Mpa
最高空気温度: 673K
最大空気流量: 8.5kg/s
シリーズ運転試験(前段圧縮機、後段圧縮機の2段階運転による試験) 最高圧力: 1.8Mpa
空気温度: 753K
最大空気流量: 18.5kg/s
完成年度 平成18年度改修(昭和50年度整備)
料金 単独運転試験 : 156,934円/時間
シリーズ運転試験 : 505,317円/時間

※上記利用料金には運転等に必要な支援費は含まれておりません。試験内容等に応じて別途頂戴いたします。
※上記利用料金には、一般管理費、技術料及び消費税を含んでおりません。別途、頂戴いたします。(その他、試験作業外注費などは打合せによる)
※利用料金は年度毎に算定します。また、年度途中にも予告なく改定することがあります。詳しくは下記フォームよりお問い合わせ下さい。

RELATED

関連記事