水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W)とは

地球環境変動観測ミッションGCOM(Global ChangeObservation Mission) は、
宇宙から地球の環境変動を長期間に渡って、グローバルに観測することを目的としたプロジェクトです。
2012年5月打ち上げられた「しずく」は、マイクロ波放射計を搭載し、
降水量、水蒸気量、海洋上の風速や水温、土壌の水分量、積雪の深さなどを観測します。
地球規模での水循環や気候変動の監視とそのメカニズムの解明が期待されています。

下図では、「しずく」を担当する主要な企業をご紹介します。

全体

衛星システム
とりまとめ
NEC

01

太陽電池パドル ・NEC

02

衛星バス ・NEC

【慣性基準装置】
【リアクションホイール】
・三菱プレシジョン

03

衛星推進系 ・IHIエアロスペース

04

モニタカメラ ・明星電気

05

高性能
マイクロ波放射計2
・三菱電機

06

地上設置
(衛星管制)
(ミッション運用係)
・NEC
・ソラン
・宇宙技術開発

07

地上設備
(データ提供)
・新日鉄ソリューションズ

衛星システム
とりまとめ NEC
太陽電池パドル ・NEC
衛星バス ・NEC

【慣性基準装置】
【リアクションホイール】
・三菱プレシジョン
衛星推進系 ・IHIエアロスペース
モニタカメラ ・明星電気
高性能
マイクロ波放射計2 ・三菱電機
地上設置
(衛星管制)
(ミッション運用係) ・NEC
・ソラン
・宇宙技術開発
地上設備
(データ提供) ・新日鉄ソリューションズ

RELATED