空へ挑み、
宇宙を拓く

宇宙産業はすそ野の広い関連産業を持つ総合産業です。
JAXAでは、日本の宇宙関連産業の更なる発展を目指し、
世界市場開拓のための国際競争力強化に取り組んでいます。
また、新規参入や他分野とのコラボレーションを促進することで、新たなビジネスの芽を育てています。

ここでは、JAXAと共に様々な立場から空に挑み、宇宙を拓く、
日本の宇宙産業についてご紹介します。

CONSTRUCTION

宇宙産業の構造・特徴

  • 宇宙機器産業

    宇宙機器産業は人工衛星やロケット、地上設備などを製造する産業です。製造全体を取りまとめるシステムメーカーのほか、コンポーネント・部品製造、部材加工、ソフトウェア開発、素材製造など、すそ野の広い産業です。

  • 宇宙利用サービス産業

    宇宙利用サービス産業は、通信放送衛星などの宇宙インフラを利用してサービスを提供する産業です。

  • 宇宙関連民生機器産業

    宇宙関連民生機器産業は、GPSを利用したカーナビゲーションシステムや衛星放送受信用のアンテナなどの機器を製造する産業です。

  • ユーザー産業

    ユーザー産業群は、宇宙利用サービス産業が提供するサービスを利用することで自らの事業を効率化、差別化し事業を行っている産業です。

PROJECT

JAXA主体のプロジェクト

CATEGORY 01

JAXAプロジェクトを担当する主な企業

  • RECENTLY

    JAXAプロジェクトを担当する主な企業

    ロケットや人工衛星は、多数の機器・部品で構成される総合システムです。大小様々な無数の部品・機器を一つ一つ製造し、巨大なロケットや人工衛星へ組み立て完成させるため、高い技術を持った多くの企業が活躍しています。
    ロケットや人工衛星がどのようにつくられているのか、ものづくりの現場をご紹介します。

    記事の詳細
  • SPACE COMPANY

    宇宙産業を支える日本の企業

    人工衛星をはじめとする宇宙技術は、さまざまな形で私たちの生活に溶け込み、利用されています。
    通信・放送衛星や気象衛星は、私たちの暮らしに不可欠な社会インフラになっています。
    また、国際宇宙ステーションを活用した新素材や新薬の開発、さらには宇宙旅行やエンターテイメントなど新たな宇宙の利用も進んでいます。
    多様な宇宙利用ビジネスの最前線をご紹介します。